食品事業

購買・物流

安心な食材の調達・加工

安全・安心な商品をご提供するための購買物流の管理体制を整え、産地表示などにも取り組んでおります。
安全な食事の提供は食材の仕入れから始まります。グループの購買力と物流網を利用して、安全・安心な食材の調達に努めています。また野菜類に関しましては“産地表示”を行っております。

トレーサビリティの考えに準拠した物流管理

  • グループ購買での食材選定。安全・安心な食材調達に努めております。

  • カット野菜は徹底した衛生管理の下、指定工場にて処理されております。

  • ロイヤル食品工場より安全で高品質な食材を調達しております。

  • グループ物流センターより各事業所へ配送されております。

原料規格の管理

加工食材への対応

大使館・食品協会・取扱いメーカー(商社)との連携(情報交換)を行い、必要に応じ現地工場視察の上、「安全・安心」を『規格書』にて担保しています。また調達は、商社を通じての対応をとっております。

食品の安全性に、万が一問題が発生した場合の対応

加工食品について、規格書の無い食材は使用しておりませんので問題が起こることはほとんどございません。万が一問題が発生した場合は、即時販売中止対応とし、各メーカー、仕入れ先と連携し代替商品で対応いたします。(代替仕入れ先もございます。)

集中購買・一括配送

品質管理はもとより、地球環境にも配慮した物流システムで商品をお届けしております。利用者様に安全・安心な食材を提供するため、グループの物流網を利用し、一括物流にて納品しています。“適温で温度管理”された食材が安全に運ばれます。また納品回数が減少することにより“環境への負荷削減”に貢献しております。