CSR

社会から信頼される企業を目指して、
CSRを推進します。

地域・社会に貢献する企業へ

ロイヤル経営基本理念に基づく健全な事業活動を通じて社会の発展に寄与し、幅広いステークホルダーから信頼を得る企業となることを目指しています。

食品残渣のリサイクルを推進

ロイヤルグループでは、食品残渣を肥料や飼料原料として再利用する、食品リサイクルを推進しています。
また、各店舗やセントラルキッチンで排出された食品残渣を堆肥化し、それを使用して育てた野菜などをセントラルキッチンで使用する「食品リサイクル・ループ」も実施しています。

DBJ BCM(事業継続管理)格付を取得

2016年4月、ロイヤルホールディングスは日本政策投資銀行による「DBJ BCM(事業継続管理)格付」において、外食業として初めて格付を取得しました。

被災地への支援

ロイヤルグループでは、東日本大震災や熊本地震の被災地などへの支援活動を行っています。

食の多様性に対する取組み

ハラル認証・ヴィーガン認証を取得

ロイヤルグループでは、食のプロフェッショナルとして多様な食文化・食習慣を有するお客様への対応を積極的に行っております。
工場製品においても、ヴィーガン認証取得や、ハラールフードアワード最優秀賞の受賞など、食のバリアフリー化・グローバル化への取組みを強化しております。

働きやすい職場環境への取り組み

DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付を取得

2013年10月、ロイヤルホールディングスは日本政策投資銀行による「健康経営格付」において、従業員に対する健康配慮への取り組みが優れていることが評価され、外食業として初めて格付けを取得しました。

従業員満足度調査を実施

グループ内全社を対象に、毎年、従業員満足度調査を実施。職場環境改善にいかしています。